農薬情報>殺虫剤>天敵昆虫

特長
■種類名:コレマンアブラバチ剤
■有効成分:コレマンアブラバチ(アフィディウス・コレマニ)・・・羽化成虫 500頭/ポリエチレン瓶
■性状:類白色細粒
■包装:100ml容ポリエチレン瓶(500頭入り)
  • 寄生蜂が発生極初期のアブラムシを探索して寄生。アブラムシを長期間にわたって低密度に抑え続けます。
  • 天敵生物であり、環境に対する影響、各種残留問題、人畜に対する毒性の心配がありません。
  • ワタアブラムシ、モモアカアブラムシの発生初期に使用することで、経済的に長期間密度を抑制します。
  • 天敵生物なので、薬剤抵抗性発達の心配がありません。
  • 放飼の処理が簡単で、労力の軽減がはかれます。
  • JAS法に適合し、農薬散布回数にカウントされませんので、有機栽培・減農薬栽培等でも使用可能です。
  • アフィパールの餌源となって、増殖を促すことのできるアフィバンクとの併用をおすすめします。
  • コレマンアブラバチについて
    • 放飼回数:1週間間隔で3回放飼します。
    • 大きさ:成虫の体長=雌1.7〜2.2mm 、雄=1.7〜2.0mm
    • 活動可能温度:5〜30℃、酷暑、厳寒期は避けること。
    • 最適温度:15〜25℃
    • 産卵限界温度発育零点:5℃、卵で4℃
    • 寄生範囲
      ・ワタアブラムシ、モモアカアブラムシに高い選好性を示す。
      ・54種のアブラムシに寄生することが知られている。
    • 総産卵数:雌1頭当り300卵(20℃時)〜400卵(25℃時)
登 録 内 容
作物名 適用害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法
野菜類(施設栽培) アブラムシ類 1〜2瓶/10a(約500〜1000頭/10a) 発生初期 放飼

天敵等への殺虫剤・殺ダニ剤の影響表

天敵等への殺菌剤・除草剤の影響表

使 用 方 法
放飼方法
施設内で本剤を開栓し静置します。
内容物のマミー(蛹)から、コレマンアブラバチが羽化して飛翔します。
比較的低温期でも有効。(酷暑、厳寒期の導入開始は避ける)
アブラムシ密度 放飼量 処理回数
発生初期 10aあたり2本 1週間間隔で3回
注意
内容物を地表にばらまくと、アリがマミーを持って行くことがありますので、避けてください。
保存できませんので、入手後直ちに使い切ってください。
効 果 の し く み
アフィパールでできたマミー
寄生虫のコレマンアブラバチ
寄生されたマミー
使用上の注意
  • 本剤はアブラムシ類に寄生する天敵コレマンアブラバチの寄生蛹(マミー)を含有する製剤である。
  • コレマンアブラバチの生存日数は短いので、入手後直ちに使用し、使いきる。
  • コレマンアブラバチの放飼は、施設内で容器を開封し、所定の割合でアブラムシ類の発生した株の株元の地表面に1週間継続して容器を静置する。
  • アブラムシ類の生息密度が高くなってからの放飼は十分な効果が得られないことや、容器内の寄生蛹がすべて成虫になるまで数日間かかるため、アブラムシ類がまだ低密度で散見され始めたときに最初の放飼をする。
  • 天敵としてコレマンアブラバチが有効な密度を保つため、アブラムシ類の発生初期より1〜2週間間隔で圃場全面に放飼することが望ましい。
  • ジャガイモヒゲナガブラムシ等の大型アブラムシに対して効果が得られないので、当該アブラムシの防除を目的とした使用は避けること。
  • コレマンアブラバチの活動に影響を及ぼすおそれがあるので、本剤の放飼前後の薬剤散布は避ける。
  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないよう注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、農業改良普及センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
製造 KOPPERT(オランダ)
販売 アリスタライフサイエンス(株)