農薬情報>殺虫剤>BT剤


特長
■有効成分:
BT菌の生芽胞および産生結晶毒素
(力価として1000B.m.B.単位/mg)・・・10.0%
■毒性:普通物
■魚毒性:原体A類相当
■包装:100g(袋)x10x6、500g(袋)x20
  • 活性成分は自然界に存在する昆虫病原細菌です。
  • 野菜・果樹・芝・樹木を加害する、チョウや蛾の幼虫に安定した効果を発揮できます。
  • 使用回数の制限がなく、有機栽培や特別栽培農産物生産に使用できます。
  • 収穫直前まで使用することができます。
  • 抵抗性のつきにくいBT生菌剤です。
  • 国内唯一、「クルスタキ」と「アイザワイ」の2種類のBT菌を混合した製剤で安定した効果が期待できます。
B.t菌と生芽胞の役割
BT生菌剤の生芽胞は殺虫性蛋白質(クリスタル)の殺虫活性を速めたり、殺虫力を増強させたりします。
B.t菌の栄養型細胞および生芽胞とクリスタル
作用機構
試験成績 - バシレックスの優位性
適用害虫の範囲と使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期
野菜類 タマナギンウワバ 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
コナガ 1000〜2000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
ヨトウムシ 500倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
ハスモンヨトウ 500倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
アオムシ 1000〜2000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
かき イラガ類 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
カキノヘタムシガ 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
りんご ハマキムシ類 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
ヒメシロモンドクガ 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
アメリカシロヒトリ 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
さんしょう(果実) アゲハ類 1000倍 散布 発生初期(但し、収穫前日まで)
ストック コナガ 1000倍 散布 発生初期
樹木類 トビモンオオエダシャク 500〜1000倍 散布 発生初期
さくら モンクロシャチホコ 1000倍 散布 発生初期
アメリカシロヒトリ 1000〜2000倍 散布 発生初期
プラタナス アメリカシロヒトリ 1000〜2000倍 散布 発生初期
フェニックス・ロベレニー トビモンオオエダシャク 500〜1000倍 散布 発生初期
つばき類 チャドクガ 1000倍 散布 発生初期
タマナヤガ 1000倍 1m²あたり300ml散布 発生初期
シバツトガ 500〜1000倍 1m²あたり300ml散布 発生初期
スジキリヨトウ 500〜1000倍 1m²あたり300ml散布 発生初期
ヨモギエダシャク 500倍 散布 発生初期(但し、摘採7日前まで)
チャノコカクモンハマキ 500〜1000倍 散布 発生初期(但し、摘採7日前まで)
チャハマキ 500倍 散布 発生初期(但し、摘採7日前まで)
チャノホソガ 500倍 散布 発生初期(但し、摘採7日前まで)
全ての適用作物について、「本剤の使用回数」および「BTを含む農薬の総使用回数」の制限が無くなりました。
使用上の注意
  • 散布液調製後はそのまま放置せず、できるだけ速やかに散布して下さい(効果)。
  • 使用の際は、展着剤を加用して下さい(効果)。
  • アルカリ性の強い石灰硫黄合剤、ボルドー液などの農薬およびアルカリ性の強い葉面施用の肥料などとの混用は避けて下さい(効果)。
  • 若齢幼虫に有効なので若齢幼虫期に、時期を失しないように散布して下さい(効果)。
  • 茶に使用する場合は残臭のおそれがあるので、摘採前7日以内の使用は避けます。
  • 空中散布には使用しないで下さい。
  • 普通の使用方法では毒性は低いが、誤飲・誤食などのないように注意します。
  • カイコ注意
    カイコに対する毒性があるので、養蚕主要県およびその他主要養蚕地帯では使用しないで下さい。
  • 本剤は吸湿すると固化したり、効果が低下したりすることがあるので、開封した薬剤は、できるだけ使い残しのないようにして下さい。
  • 保管
    湿気に注意し、直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管します。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。 なお、農業改良普及センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
製造:(株)エス・ディー・エス バイオテック