農薬情報>殺菌剤


特長
■有効成分:イミノクタジンアルベシル酸塩(PRTR法第1種-24号)・・・・・40.0%
■性状:類白色水和性粉末
■毒性:普通物

原体 製品
急性経口毒性 ラット ♂LD50 1400mg/kg
    ♀LD50 1400mg/kg
マウス♂LD50 4300mg/kg
    ♀LD50 3200mg/kg
ラット ♂LD50 2100mg/kg
    ♀LD50 2600mg/kg
マウス♂LD50>5000mg/kg
    ♀LD50>5000mg/kg
急性経皮毒性 ラット ♂LD50>2000mg/kg
    ♀LD50>2000mg/kg
ラット ♂LD50>2000mg/kg
    ♀LD50>2000mg/kg
■魚毒性:C類相当

原体 製品
コイ TLm(48時間) 14.4ppm 14ppm
ミジンコ TLm(3時間) >111ppm 80ppm
■蚕毒:本製剤1000倍で安全日数は12〜30日
■ミツバチ:圃場試験→本製剤1000倍での影響なし
急性経口毒性 LD50>100µg/匹
急性経皮毒性 LD50>100µg/匹
■マルハナバチ:圃場試験→本製剤1000倍での影響なし
■有効年限:5年
■包装:100gx100、500gx20
  • 多くの病害に対して高い防除効果を示します。
    子のう菌類をはじめ広範囲の糸状菌に有効です。
  • 従来の薬剤とは異なる作用性を有しています。
    細胞膜機能及び脂質生合成に作用します。
  • 接触型の予防薬剤です。
    胞子発芽、発芽管伸長、付着器形成、侵入系形成等を強力に阻害します。
  • 耐性菌に対しても優れた効果を示します。
    ベンゾイミダゾール系殺菌剤、ジカルボキシイミド系殺菌剤およびエルゴステロール生合成阻害剤などと作用機構が異なります。
  • 作物に及ぼす影響が少なく、他薬剤との混用性が良好で幅広い作物で使用できます。
適用病害の範囲及び使用方法
作物名 適用場所 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 イミノクタジンを含む農薬の総使用回数
りんご 黒星病 2000倍 200〜700L/10a 収穫前日まで 6回以内(但し、開花期以降散布は3回以内) 散布 8回以内(液剤及び水和剤は合計6回以内(開花期以降は3回以内)、塗布剤は2回以内)
斑点落葉病 1000〜2000倍
輪紋病 1000倍
褐斑病
すす点病
すす斑病
黒点病
なし 黒斑病 1000〜1500倍 収穫14日前まで 5回以内 5回以内(塗布剤は2回以内、液剤は1回以内)
黒星病
輪紋病
うどんこ病
もも 黒星病 2000倍 収穫前日まで 3回以内 3回以内(休眠期は1回以内)
灰星病 1000〜2000倍
ホモプシス腐敗病
うどんこ病
果実赤点病
すすかび病
おうとう 灰星病 1000倍 収穫7日前まで 3回以内
みかん 灰色かび病 1000〜2000倍 収穫前日まで
そうか病 1000倍
かんきつ(みかんを除く) 灰色かび病 2000倍 2回以内 2回以内
かき 炭疽病 1000〜1500倍 収穫14日前まで 3回以内 3回以内
落葉病
うどんこ病
灰色かび病
すす点病
黒星病
キウイフルーツ 果実軟腐病 1000倍 収穫前日まで 5回以内 5回以内
灰色かび病
貯蔵病害(灰色かび病)
小粒核果類(うめ、すももを除く) 黒星病 2000倍 収穫30日前まで 3回以内 3回以内
灰星病
灰色かび病
環紋葉枯病
すす斑病
うめ 黒星病
灰星病
灰色かび病
環紋葉枯病
すす斑病
枝枯病
びわ 灰斑病 1000倍 収穫7日前まで
灰色かび病
すもも 灰星病 1000〜2000倍 収穫3日前まで
マンゴー 炭疽病 1000倍 収穫75日前まで 2回以内 2回以内
あけび(果実) うどんこ病 3000倍 収穫14日前まで
すいか 1000倍 150〜300L/10a 収穫前日まで 4回以内 4回以内
つる枯病
菌核病
炭疽病
メロン うどんこ病 5回以内 5回以内
つる枯病
かぼちゃ うどんこ病 1000〜2000倍 収穫7日前まで 4回以内 4回以内
きゅうり 褐斑病 2000倍 収穫前日まで 5回以内 5回以内
うどんこ病 2000〜4000倍
灰色かび病
炭疽病
灰色かび病 50倍 5L/10a 常温煙霧
うり類(漬物用) うどんこ病 2000〜4000倍 150〜300L/10a 収穫3日前まで 散布
つる枯病
炭疽病
なす すすかび病 3000倍 収穫前日まで 3回以内 3回以内
灰色かび病
うどんこ病
アスパラガス 茎枯病 1000倍 収穫7日前まで 5回以内 5回以内
斑点病
褐斑病
ねぎ 葉枯病 2000倍 100〜300L/10a 収穫30日前まで 3回以内 3回以内
さび病
黒斑病
たまねぎ 灰色かび病 1000倍 150〜300L/10a 収穫前日まで 5回以内 5回以内
灰色腐敗病
小菌核病
にんにく 葉枯病 1000〜1500倍 収穫3日前まで 3回以内 3回以内
にんじん 菌核病 1000倍 収穫14日前まで 5回以内 5回以内(種子粉衣は1回以内、無人ヘリ散布は2回以内)
黒葉枯病 500〜1000倍
- 乾燥種子重量の0.5% は種前 1回 種子粉衣
トマト 葉かび病 3000〜6000倍 150〜300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
灰色かび病
ミニトマト 葉かび病 6000倍 2回以内 2回以内
灰色かび病
レタス 1000〜2000倍 収穫30日前まで 3回以内 3回以内
菌核病
キャベツ 1000倍 収穫28日前まで
いちご 炭疽病 200〜300L/10a 育苗期(定植前) 5回以内 7回以内(育苗期は5回以内、本圃では2回以内)
うどんこ病
4000倍 150〜300L/10a 収穫前日まで(生育期) 2回以内
豆類(種実、ただし、だいずを除く) 1000倍 収穫7日前まで 3回以内 3回以内
炭疽病
褐斑病
だいず 紫斑病 4回以内 4回以内(種子粉衣は1回以内)
- 乾燥種子重量の0.5% は種前 1回 種子粉衣
ばれいしょ 夏疫病 500倍 150〜300L/10a 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
やまのいも 葉渋病 1000〜2000倍 5回以内(種いも浸漬は1回以内、無人ヘリ散布は3回以内)
てんさい 斑点病 1000倍 収穫14日前まで 4回以内 4回以内
小麦 赤かび病 1000〜2000倍 60〜180L/10a 収穫21日前まで 3回以内(出穂期以降は1回以内) 4回以内(種子への処理は1回以内、散布及び無人ヘリ散布は合計3回以内、出穂期以降は1回以内)
炭疽病 1000倍 200〜400L/10a 摘採14日前まで 2回以内 2回以内
輪斑病
新梢枯死症(輪斑病菌による)
たばこ 赤星病 1000〜2000倍 100〜180L/10a 収穫10日前まで
うどんこ病
灰色かび病
樹木類 炭疽病 1000倍 200〜700L/10a 発病初期 3回以内 3回以内
試験成績
ベルクート水和剤の作物別散布時期と効果
なし もも かき りんご
アスパラガス すいか きゅうり みかん
にんじん たまねぎ ばれいしょ
てんさい いんげんまめ

ベルクート水和剤の作物別試験成績
すもも いちご トマト なす
メロン キャベツ レタス かぼちゃ
ねぎ にんにく やまのいも
ベルクートの作用性・その他
  1. 病原菌の生活環とベルグ-ト作用
  2. 他剤耐性菌に対する効果
  3. 耐雨性試験
  4. 作物に対する影響
    • 影響のある作物

      作物品 品種 希釈倍数(倍) 薬害病状
      キャベツ 金糸201号 500 結球最裏面のしみ斑状があるが実用上問題なし
      はくさい 春大将 2000 縮葉、株の小型化
      メロン プリンス
      ホームラン
      500
      2000
      果実に水浸状斑点、褐色斑点
      果実に水浸状斑点
      ばら ランドン 1000 縮葉

    • 影響のない作物
  5. 抗菌活性スペクトラム
  6. 混用適否表
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  1. 本剤はイミノクタジンを含む農薬であるので、他のイミノクタジンを含む農薬の使用回数と合わせ、作物ごとの総使用回数の範囲内で使用すること。
  2. 水溶性フィルム包装の場合、内袋はぬれた手で触れないこと。内袋はそのまま所定量の水に投入すること。外袋の開封後は使い切ることが望ましい。やむを得ず保管する場合には、できるだけ速やかに使い切ること。
  3. りんごに使用する場合、芽出し2週間すぎから落花後25日ごろまではさび果を生じる恐れがあるので、この時期の散布は避けること。
  4. なしに使用する場合、西洋なし品種ル・レクチェーではさび果を生じるので使用しないこと。
  5. ももに使用する場合、缶桃14号等の缶詰用品種では葉に薬斑を生じるので使用しないこと。
  6. 本剤をおうとうに使用する場合は、着色始期から中期の散布では薬害(着色障害)が生ずる恐れがあるので使用しないこと。
  7. かきに使用する場合、西村早生では葉に薬斑を生じるので使用しないこと。
  8. メロンに使用する場合、交配2〜3日前から交配2週間後までの幼果の時期には、薬害を生じるおそれがあるので、この時期の散布は避けること。また、若葉への散布や高温時の散布では、薬害を生じることがあるので注意すること。
  9. ばらに対して薬害を生じるので、かからないように注意して散布すること。
  10. 蚕に対して毒性があるので、桑にかからないように注意して散布すること。
  11. 散布量は、対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ調節すること。
  12. 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。
  13. 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
  14. 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、農業改良普及センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
安全使用・保管上の注意
  • 人畜に有毒な農薬については、その旨及び解毒方法
    1. 誤飲、誤食などのないよう注意すること。
    2. 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。
    3. 本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意すること。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とすこと。
    4. 薬液調製時及び使用の際は保護眼鏡、農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。
    5. 作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
    6. かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意すること。
  • 街路、公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  • 水産動植物に有毒な農薬については、その旨
    本剤は水産動物に影響を及ぼすが通常の使用方法では問題ない。
  • 引火し、爆発し、又は皮膚を害する等の危険のある農薬については、その旨
    通常の使用方法ではその該当がない。
  • 直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。水溶性包装の場合、吸湿性があるので、湿気には十分注意し、使い残りは外袋の口を固く閉じて保管すること。
製造・販売:日本曹達(株)