農薬情報>殺菌剤>微生物


特長
■種類:バチルスズブチリス水和剤
■有効成分:バチルス ズブチリス(MBI600株)の芽胞 2×1011cfu/g
■性状:類白色水和性粉末 100μm以下
■毒性:普通物
■有効年限:3年
■包装:100g×50袋
  • 自然界から分離した有用細菌を有効成分とする、病害予防剤です。
  • 製剤の改良によって作物への汚れが目立ちにくくなっており、果実の収穫時期にも安心してお使いいただけます。
  • 農薬成分としてカウントされません。
    ※「ダクト内投入」を行う場合は、「ボトキラー水和剤」をご使用ください。本剤に登録はございません。
葉面に定着した
バチルスズブチリス菌
灰色かび病(トマト) 灰色かび病(なす)
「写真提供:大阪府立農林技術センター」
適用病害と使用方法
作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数* 使用方法 バチルスズブチリスを含む農薬の総使用回数
野菜類 灰色かび病 2000〜4000倍 100〜300L/10a 発病前〜発病初期まで - 散布 -
いちご、ピーマン うどんこ病
にら 白斑葉枯病
ダクト内投入では使えません。

混用事例

バチルス菌が働くしくみ(ボトキラー、ボトピカ)
作物の病気を抑制する能力に優れた納豆菌の仲間を、微生物防除剤「ボトキラー」「ボトピカ」として製品化しました。
バチルス菌が作物の葉や花に棲み着き、棲みかを占有したり栄養源を独占することで病原菌の繁殖を抑制して灰色かび病などの病気から作物を守ります。

試験成績
トマト/灰色かび病
年度 2003年
試験場 秋田県農業試験場
品種 桃太郎8
散布 7月/4、11、18、25日の4回
調査 各区30株の3〜6段目の幼果を含む全果実について発病を調査した。
発生 少発生
結果 薬害・汚れは認められなかった。
いちご/うどんこ病
年度 2004年
試験場 長野南信農業試験場
品種 章姫
散布 2月/5、13、19日、3月/1、12、22日、4月/5、15、25日、5月/1、11日の計11回
調査 各区60小葉について発病の程度を調査した。
発生 中発生
結果 薬害・汚れは認められなかった。
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  1. 有効成分は生菌であるので、散布液調製後はできるだけ速やかに散布してください。また、開封後は密封して保管し、できるだけ早く使い切ってください。
  2. 保護作用が強く予防効果が主体なので、散布処理を行う場合には発病前〜発病初期に7〜10日間隔で散布してください。
  3. 低温条件では効果が出にくいので、10℃以上が確保される施設内で使用してください。
  4. 他剤と混用すると十分に効果が発揮されない場合があるので注意してください。
  5. 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法にあわせ調節してください。
  6. 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所などの関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  7. 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  1. 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  2. 散布の際は農薬用マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用してください。作業後は直ちに身体を洗い流し、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  3. 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  4. かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物等との接触を避けてください。
  5. 夏期高温時の使用を避けてください。
  6. 水産動物に影響を及ぼすが、通常の使用方法では問題ありません。
  7. 密封し、直射日光を避け、食品と区別して、冷涼・乾燥した場所に保管してください。
製造・販売 出光興産(株)