農薬情報>殺虫剤


特長
■種類名:ピリフルキナゾン水和剤
■有効成分:ピリフルキナゾン・・・20.0%
■性状:褐色水和性細粒
■毒性:普通物
ラット急性毒性
経口毒性 LD50値:300-2000mg/kg
経皮毒性 LD50値:>2000mg/kg
ウサギ皮膚刺激性:刺激性なし
ウサギ眼刺激性:軽度刺激性
モルモット皮膚感作性:感作性なし
魚類(コイ)急性毒性 LC50値:33.9mg/L
オオミジンコ急性遊泳阻害 EC50値:0.0058mg/L
■有効年限:3年
■包装:100g×50、250g×40、500g×20
  • 新しいタイプの殺虫剤
    昆虫の行動を制御する(IBR*)これまでにない殺虫剤です。
  • 従来の殺虫剤にない作用を有し、有機リン剤、カーバメート剤、合成ピレスロイド剤、ネオニコチノイド剤などの薬剤に対して感受性の低下した害虫に対しても有効です。
  • アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などのカメムシ目害虫や、チャノキイロアザミウマなどのアザミウマ目害虫に対して高い効果を示します。
  • 速効的な摂食阻害作用
    速やかに吸汁行動に影響を及ぼし、高い摂食阻害作用を示します。
  • 天敵や有用昆虫に優しい。
    天敵類への影響が少ないため、IPMでの活用に適しています。
*IBR剤 昆虫行動制御剤(Insect Behavior Regulator)
速効的に吸汁活動を停止させ、歩行・飛翔行動を阻害して作物から離脱させます。また、定着行動を阻害することにより、作物に寄生できないまま死亡させます。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ピリフルキナゾンを含む農薬の総使用回数
未成熟とうもろこし アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
キャベツ アブラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ネギアザミウマ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
はくさい アブラムシ類 4000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ブロッコリー アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
かぼちゃ アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
きゅうり アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
すいか アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
メロン アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
トマト アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ミニトマト アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ピーマン アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
なす アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
カスミカメムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
とうがらし類(甘長とうがらしを除く) アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
甘長とうがらし アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
さやいんげん コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
アスパラガス コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜700L/10a 3回以内
ネギアザミウマ 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜700L/10a 3回以内
カスミカメムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜700L/10a 3回以内
いちご アブラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
オクラ アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
たまねぎ ネギアザミウマ 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ねぎ ネギアザミウマ 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
レタス アブラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
非結球レタス アブラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
かんきつ アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類(アカマルカイガラムシを除く) 2000〜3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
アカマルカイガラムシ 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
コナジラミ類 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
チャノキイロアザミウマ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
おうとう カイガラムシ類 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
かき カイガラムシ類 2000〜3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
チャノキイロアザミウマ 2000〜3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
キウイフルーツ クワシロカイガラムシ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
なし アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
チュウゴクナシキジラミ 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
チャノキイロアザミウマ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
ぶどう カイガラムシ類 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
チャノキイロアザミウマ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
りんご アブラムシ類 3000〜6000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
リンゴワタムシ 3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
もも アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類 2000〜3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
ネクタリン アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類 2000〜3000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
小粒核果類 アブラムシ類 2000〜4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
カイガラムシ類 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
マンゴー チャノキイロアザミウマ 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
花き類・観葉植物 アブラムシ類 4000倍 散布 発生初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
コナジラミ類 4000倍 散布 発生初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
かんしょ コナジラミ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
こんにゃく アブラムシ類 4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ばれいしょ アブラムシ類 4000〜8000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
アブラムシ類 3000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 200〜400L/10a 2回以内
クワシロカイガラムシ 2000〜3000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 1000L/10a 2回以内
チャトゲコナジラミ 2000〜3000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 200〜400L/10a 2回以内
チャノキイロアザミウマ 2000〜3000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 200〜400L/10a 2回以内
チャノミドリヒメヨコバイ 2000〜3000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 200〜400L/10a 2回以内
ツマグロアオカスミカメ 2000倍 散布 摘採7日前まで 2回以内 200〜400L/10a 2回以内
殺虫スペクトルと効果発現速度
活性を示す科
活性を示す種名
効果発現速度(モモアカアブラムシ、タバココナジラミ)

作用特性
生育ステージと効果
試験成績
なし/アブラムシ類(ユキヤナギアブラムシ)
ぶどう/チャノキイロアザミウマ
ピーマン/コナジラミ類(タバココナジラミ バイオタイプQ)
かんきつ/ヤノネカイガラムシ

混用事例(日本農薬株式会社へのリンク)

コルト顆粒水和剤の技術資料(日本農薬株式会社へのリンク)

  • どのような害虫に効果がありますか?
  • コルトは高い選択性を有する殺虫剤で、特にカメムシ目害虫(アブラムシ・コナジラミ・カイガラムシ類)に対して実用濃度で高い効果が認められています。また、一部のアザミウマ目害虫(チャノキイロアザミウマ)にも活性が確認されています。(2012年9月回答)
  • コルトは害虫にどのような効き方をしますか?
  • コルトは害虫の歩行や飛翔行動を阻害して作物から離脱させ、吸汁活動を速効的に停止させます。(2012年9月回答)
  • 作用経路について教えてください。
  • 経口、経皮ともに高い活性を示します。(2012年9月回答)
  • 使用してから害虫への効果はすぐ現れますか?
  • 吸汁阻害作用は比較的速く発現しますが、死亡するまでには時間がかかります。また、植物体への定位・定着行動に影響を及ぼし、植物体からの離脱・脱落がみられます。加害虫は、絶食状態(飢餓状態)になり、ゆっくりと死に至りますが、その間植物体への加害は抑制されます。(2012年9月回答)
  • 抵抗性害虫に対しても効果がありますか?
  • 既存の薬剤に抵抗性を発達させた害虫(コナジラミ類やアブラムシ類)に対しても、感受性個体群と同様に効果が高いことが確認されています。(2012年9月回答)
  • カイガラムシ類に対する防除適期を教えてください。
  • カイガラムシ類に対する一般的な処理適期は、幼虫の孵化開始期〜孵化最盛期になります。地域やカイガラムシの種類により発生時期が異なりますので、地域の防除所や普及指導センターとご相談ください。(2012年9月回答)
使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 石灰硫黄合剤、ボルドー液等のアルカリ性の強い薬剤との混用はさけてください。
  • 散布量は、対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせて調整してください。
  • 本剤は植物体への浸透移行による効果は弱いので、かけ残しのないように葉の表裏に十分散布してください。
  • ぶどうの幼果期以降に使用する場合は、果粉の溶脱を生じるおそれがあるので注意してください。
  • 西洋なしの品種ル レクチエでは落花後から袋かけ前までの散布については果実に薬斑を生じるおそれがあるので使用をさけてください。
  • おうとうに使用する場合、果実に汚れを生じるおそれがあるので注意してください。
  • ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意してください。
    1. ミツバチやその巣箱及びその周辺にかからないようにする。
    2. 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさける。
    3. 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努める。
  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  • 誤飲、誤食などのないよう注意する。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けてください 。
  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切る。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
製造・販売 日本農薬(株)
グリーンジャパンホームへ