農薬情報>殺虫剤>ダニ剤


特長
■種類:スピロメシフェン水和剤
■有効成分:スピロメシフェン・・・30.0%
■性状:類白色水和性粘稠懸濁液体
■人畜毒性:普通物
  • 従来の殺ダニ剤とは全く異なる作用性により、既存の殺ダニ剤に抵抗性の発達したハダニ類も確実に防除できます。特に殺卵・殺幼虫の高い薬剤なので次世代の密度を長く抑制します。
  • 優れた残効性により、長期間カンザワハダニの密度を抑制します。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 スピロメシフェンを含む農薬の総使用回数
かんきつ ミカンサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ミカンハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
チャノホコリダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
おうとう ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
なし ニセナシサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ぶどう ハダニ類 2000倍 散布 果実肥大期(大豆大期)~収穫前日 1回 200~700L/10a 1回
りんご リンゴサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ナミハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
リンゴハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
もも モモサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ネクタリン モモサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
小粒核果類 ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200~700L/10a 1回
チューリップ チューリップサビダニ 500倍 15分間球根浸漬 植付前 1回 - 1回
チャトゲコナジラミ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200~400L/10a 1回
チャノナガサビダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200~400L/10a 1回
カンザワハダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200~400L/10a 1回
チャノホコリダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200~400L/10a 1回
散布適期
  • ダニゲッターフロアブルの散布適期は、カンザワハダニの雌成虫が休眠から覚め、産卵を開始する一番茶萌芽前です。
  • この時期の散布は、本剤の特長である殺卵・殺幼虫効果が最も発揮される時期です。
試験成績:茶のカンザワハダニに対する効果
茶/カンザワハダニ
試験年度 平成15年
作物
対象害虫 カンザワハダニ
試験場所 三重県科学技術振興センター農業研究部茶業研究室
品種 やぶきた20年生
発生状況
散布日時 4月3日、400㍑/10アール
茶/カンザワハダニ
試験年度 平成16年
作物
対象害虫 カンザワハダニ
試験場所 静岡県農林技術研究所茶業研究センター
品種 やぶきた34年生
発生状況
散布日時 3月31日、400㍑/10アール
使用上の注意
  • 本剤は貯蔵中に分離することがあるので、使用に際しては容器をよく振ること。
  • キャベツ、はくさい、こまつな、ねぎ、ばらに対して薬害を生ずる恐れがあるので、付近にある場合はかからないように注意すること。
  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
  • かぶらやすい体質の人は取り扱いに十分注意すること。
製造・販売:バイエルクロップサイエンス(株)