農薬情報>殺虫剤>ダニ剤


特長
■種類:スピロメシフェン水和剤
■有効成分:スピロメシフェン・・・30.0%
■性状:類白色水和性粘稠懸濁液体
■人畜毒性:普通物
■有効年限:4年
■包装:250mlx20本
  • 今までの殺ダニ剤とは全く異なる系統の殺ダニ剤で作用性も異なります。
    本剤は、落葉果樹、茶場面での新しい系統の殺ダニ剤である環状ケトエノール系に分類できます。作用機作についても従来の殺ダニ剤とは異なり、脂質の生合成を阻害します。
  • 今までの殺ダニ剤との交差抵抗性は認められず抵抗性の発達したハダニ類に対しても優れた効果を示します。
  • 長期間ハダニの密度を抑制します。
    本剤はハダニ類の全ステージに効果がありますが、とくに卵・幼虫に対して高い効果を示します。成虫に対する殺ダニ速度は比較的緩やかですが、雌成虫に対し産卵数の減少や産下された卵の未孵化、孵化後の幼虫の死亡といった効果を発揮することにより、長期間ハダニの密度を抑制します。
  • 各種サビダニにも高い効果を示します。
    リンゴサビダニ、ニセナシサビダニ、チャノナガサビダニに卓効を示します。
  • 収穫前使用日数が短く使いやすい薬剤です。
    りんご、おうとう、なし、もも、ネクタリン、小粒核果類では収穫前日まで使用でき、使いやすい薬剤です。
  • 人畜、水産動物に対しても高い安全性を示します。
    本剤は普通物です。水産動物に対しても高い安全性を示すことが確認されています。
  • 天敵・有用昆虫に影響の少ない薬剤です。
    本剤は、カイコ、ミツバチ、マメコバチなどの有用昆虫に対して安全性が高く、アブラバチ、ヤマトクサカゲロウ、捕食性カメムシ、ショクガタマバエなどの天敵に対しても影響がほとんど認められません。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 スピロメシフェンを含む農薬の総使用回数
かんきつ ミカンサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ミカンハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
チャノホコリダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
おうとう ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
なし ニセナシサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ぶどう ハダニ類 2000倍 散布 果実肥大期(大豆大期)〜収穫前日 1回 200〜700L/10a 1回
りんご リンゴサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ナミハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
リンゴハダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
もも モモサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ネクタリン モモサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
小粒核果類 ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
チューリップ チューリップサビダニ 500倍 15分間球根浸漬 植付前 1回 - 1回
チャトゲコナジラミ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノナガサビダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
カンザワハダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノホコリダニ 2000倍 散布 摘採7日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
散布適期
  • ダニゲッターフロアブルの散布適期は、カンザワハダニの雌成虫が休眠から覚め、産卵を開始する一番茶萌芽前です。
  • この時期の散布は、本剤の特長である殺卵・殺幼虫効果が最も発揮される時期です。
試験成績:茶のカンザワハダニに対する効果
茶/カンザワハダニ
試験年度 平成15年
作物
対象害虫 カンザワハダニ
試験場所 三重県科学技術振興センター農業研究部茶業研究室
品種 やぶきた20年生
発生状況
散布日時 4月3日、400g/10アール
茶/カンザワハダニ
試験年度 平成16年
作物
対象害虫 カンザワハダニ
試験場所 静岡県農林技術研究所茶業研究センター
品種 やぶきた34年生
発生状況
散布日時 3月31日、400g/10アール
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  • 本剤は貯蔵中に分離することがありますので、使用に際しては容器をよく振って下さい。
  • ボルドー液との同時散布および前後14 日以内の近接散布は効果が劣る恐れがありますので避けて下さい。
  • 新梢伸長期の日本なし(二十世紀を除く)に使用する場合、以下の事項を守って下さい。
    1. 豊水、新高、長十郎には新葉に薬害を生じる恐れがありますので使用しないで下さい。
    2. 有機リン剤との同時散布および10日以内の近接散布は新葉に薬害を生じる恐れがありますので避けて下さい。
  • おうとうに使用する場合は、新梢伸長期に薬害を生ずることがありますので、葉の硬化を待って使用して下さい。
  • ぶどうに使用する場合は新芽、新葉に薬害を生じる恐れがあるので以下の事に注意してください。
  • ぶどう未成木樹への散布は避けて下さい。
    1. 品種「瀬戸ジャイアンツ」への使用は避けて下さい。
    2. 茶の覆下栽培条件下では、新芽に薬害を生ずる恐れがあるので萌芽前に使用して下さい。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • キャベツ、はくさい、こまつな、ねぎ、ばら、シンビジウム等のラン類、みょうがに対して薬害を生ずる恐れがあるので、付近にある場合はかからないように注意して下さい。
  • 開花期の水稲に本剤がかかった場合、不稔などの薬害を生じる場合があるのでかからないように注意して下さい。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  • 誤飲などのないよう注意して下さい。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。
  • 本剤は眼に対して弱い刺激性がありますので眼に入らないよう注意して下さい。眼に入った場合には直ちに水洗して下さい。
  • 使用の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換して下さい。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯して下さい。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意して下さい。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきって下さい。散布器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないで下さい。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理して下さい。
  • 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密栓して保管して下さい。
製造・販売:バイエルクロップサイエンス(株)