農薬情報>殺菌剤


特長
■有効成分
:ジエトフェンカルブ・・・12.5%
:チオファネートメチル・・・52.5%
■性状:類白色水和性粉末 45μm以下
■人畜毒性:普通物
■有効年限:4年
■包装:(100g×25袋)×4箱、500g×20袋
  1. 予防効果と治療効果に優れ、残効性および浸透移行性等の諸特性を備えています。
  2. チオファネートメチルは幅広い殺菌スペクトルを有していますので、灰色かび病と混発する他病害との同時防除が期待されます。
  3. 人畜・魚介類に対する毒性は低く、ミツバチ・カイコなどの有用昆虫に対する影響も少なく、また作物に対する薬害も心配が少ない薬剤です。
適用病害と使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数/使用量 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ジエトフェンカルブを含む農薬の総使用回数 チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数
キャベツ 菌核病 1500倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内 3回以内(但し、種子への処理は1回以内、散布は2回以内)
きゅうり 褐斑病 1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
菌核病 1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
炭疽病 1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
灰色かび病 1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
すいか 炭疽病 1500倍 散布 収穫21日前まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
ズッキーニ 灰色かび病 1500倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
トマト 菌核病 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 6回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 6回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
葉かび病 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 6回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
ミニトマト 菌核病 1500倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
灰色かび病 1500倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
葉かび病 1500倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
なす 菌核病 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
黒枯病 1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 6回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は5回以内)
えだまめ 紫斑病 1500倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
莢汚損症 1500倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
さやえんどう 灰色かび病 1500倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
実えんどう 灰色かび病 1500倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
いちご 炭疽病 1000倍 散布 収穫開始21日前まで 3回以内 100〜300L/10a 6回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
たまねぎ 灰色腐敗病 1000倍 散布 収穫7日前まで 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 7回以内(但し、種子への処理は1回以内、苗根部浸漬は1回以内、無人ヘリ散布は3回以内、散布は5回以内)
レタス 菌核病 1500倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 5回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、灌注は1回以内、散布は2回以内)
灰色かび病 1500倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 5回以内 4回以内(但し、種子への処理は1回以内、灌注は1回以内、散布は2回以内)
かんきつ(みかんを除く) そうか病 1500倍 散布 収穫21日前まで 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 8回以内(但し、塗布は3回以内、散布は5回以内)
灰色かび病 1500〜2000倍 散布 開花期 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 8回以内(但し、塗布は3回以内、散布は5回以内)
みかん そうか病 1000〜1500倍 散布 収穫7日前まで 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 8回以内(但し、塗布は3回以内、散布、空中散布及び無人ヘリ散布は合計5回以内)
灰色かび病 1000〜2000倍 散布 開花期 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 8回以内(但し、塗布は3回以内、散布、空中散布及び無人ヘリ散布は合計5回以内)
かき 炭疽病 1000倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内 10回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は6回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内 10回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は6回以内)
落葉病 1000倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内 10回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は6回以内)
ぶどう 灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 3回以内 5回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は1回以内)
うめ 黒星病 1000倍 散布 収穫21日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内 6回以内(但し、塗布は3回以内、散布は3回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫21日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内 6回以内(但し、塗布は3回以内、散布は3回以内)
花き類・観葉植物(ひまわり、ゼラニウムを除く) 灰色かび病 1000倍 散布 - 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 5回以内
ゼラニウム 灰色かび病 1000倍 散布 - 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 5回以内
斑点病 1000倍 散布 - 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 5回以内
ひまわり 灰色かび病 1000倍 散布 - 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 5回以内
斑点病 1000倍 散布 - 5回以内 100〜300L/10a 5回以内 5回以内
樹木類(ハイドランジア、やなぎを除く) 灰色かび病 1000倍 散布 感染期〜発生初期 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 5回以内
やなぎ 炭疽病 1000倍 散布 - 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 5回以内
灰色かび病 1000倍 散布 感染期〜発生初期 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 5回以内
ハイドランジア 灰色かび病 1000倍 散布 感染期〜発生初期 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 5回以内
輪斑病 1000倍 散布 - 5回以内 200〜700L/10a 5回以内 5回以内
あずき 菌核病 1000倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
炭疽病 1500倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
輪紋病 1500倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
いんげんまめ 菌核病 1000倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
炭疽病 1500倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
灰色かび病 1000〜1500倍 散布 収穫14日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 5回以内(但し、種子への処理は1回以内、は種後は4回以内)
だいず 紫斑病 1000倍 散布 収穫14日前まで 3回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、種子粉衣は1回以内) 4回以内(但し、種子への処理は1回以内)
紫斑病 乾燥種子重量の0.5% 種子粉衣 は種前 1回 - 4回以内(但し、種子粉衣は1回以内) 4回以内(但し、種子への処理は1回以内)
上手な使い方
  1. 予防的散布を行って下さい。 多発生となる前に抑えることが重要です。
  2. 的確な薬剤散布を行って下さい。
  3. 作用性の異なる薬剤と組み合わせて下さい。
  4. 耕種的防除と組合わせて下さい。
特に・・・
  1. 本剤のみの連用は避け、作用性の異なる薬剤と組み合わせてください。
  2. 本格発生初期の防除に特に重点をおき、多発性となる前に抑えることが重要です。
  3. 本剤の長い残効性と的確な散布タイミングにより、通常2〜3週間あけられますので、本剤の使用回数をあまり増加させないようご留意下さい。

混用事例

試験成績
うめ:灰色かび病
和歌山県果樹園芸試験場
耕種概要 品種 在米種(25年生)
病害発生状況 やや多発生
処理 3/14(落弁終了期)に
十分量を散布
かき:灰色かび病
福岡農業総合試験場
耕種概要 品種:伊豆(5年生)
1区2樹
病害発生状況 多発生
処理 4/243000g/10a
うめ:黒星病
徳島県果樹試験場県北分場
耕種概要 品種:鴬宿(5年生)
1区1樹 3連制
病害発生状況 平成に比べてやや多発生
処理 4/21、5/6、22の
計3回十分量を散布
いんげんまめ:灰色かび病
北海道立十勝農業試験場

*無散布に対し、1%水準で有意
耕種概要 品種:大正金時
播種:5/24
病害発生状況 少発生
処理 7/10、20、30の
計3回 100g/10a
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  • 石灰硫黄合剤、ボルドー液との混用はさけてください。
  • ぶどうに使用する場合、幼果期以降の散布は果粉の溶脱や果実の汚れを生ずるおそれがあるので注意してください。
  • だいずの紫斑病に対しては、落花後〜若莢期に2〜3回散布してください。
  • きゅうりに使用する場合、高温時の散布では、薬害を生ずる場合があるので注意してください。
  • 薬剤耐性菌の出現を防ぐため本剤の過度の連用はさけ、作用性の異なる薬剤と組み合わせて輪番で使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 散布量は対象作物の生育段階・栽培形態及び散布方法に合わせ、調節してください。
  • 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種にはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
安全使用・保管上の注意
  • 眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 使用の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服などは、他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は、取扱いに十分注意してください。
  • 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない人が使用区域に立ち入らないように、縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意してください。
  • 保管
    密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、小児の手の届かない冷涼・乾燥した所に保管してください。
製造・販売:住友化学(株)