農薬情報>殺虫剤


特長
■有効成分:トルフェンピラド・・・15%
■性状:黄色澄明加乳化油状液体
■人畜への安全性(製剤毒性:劇物)
試験項目
急性経口毒性(ラットLD50 102mg/kg 83mg/kg
急性経皮毒性(ラットLD50 >2000mg/kg
急性吸入毒性(ラットLC50 0.54mg/g
■環境への安全性(水産動植物毒性:C類相当)
水産動植物種 原体
コイ LC50(96hr):0.0449mg/g
オオミジンコ EC50(48hr):0.008mg/g
■有用昆虫・天敵への影響:
本剤は浸透移行性がないので、有用昆虫や天敵に対して、散布後の新展開葉では殆ど影響がありません。ただし、直接かかると多くの種で影響がありますので、使用時には十分注意してください。また、本剤散布後に天敵類を使用する場合には、影響期間を確認の上、ご使用ください。
影響期間はミツバチ、マルハナバチで5日間、蚕で50日以上と考えられます。
有用昆虫、天敵 処理葉上での残毒期間(日) 出典
ミツバチ 5 1996年 三重大学
マルハナバチ 5 1998年 三重大学
カイコ >50 1998年 岩手農研センター
■有効年限:5年
■包装:500ml×20本
  • 新しい構造を有することから、既存の殺虫剤に感受性が低下した害虫に対しても有効です。
  • 殺虫スペクトルが広く、難防除害虫に高い効果を示します。
  • 殺菌作用を有する殺虫剤として、同時防除に寄与します。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 トルフェンピラドを含む農薬の総使用回数
かぶ 白さび病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 2000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナガ 1000〜2000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
カブラハバチ 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
キスジノミハムシ 1000〜2000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナモグリバエ 2000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ハイマダラノメイガ 2000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
キャベツ アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ハイマダラノメイガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アオムシ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
だいこん 白さび病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ワッカ症 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
カブラハバチ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
キスジノミハムシ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナモグリバエ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ハイマダラノメイガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アオムシ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
はくさい アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ハイマダラノメイガ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アオムシ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ブロッコリー アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナガ 1000〜2000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アオムシ 1000〜2000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
きゅうり うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
褐斑病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
べと病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ウリノメイガ 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
すいか うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
にがうり アザミウマ類 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
トマト うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
トマトサビダニ 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ハモグリバエ類 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ミニトマト アブラムシ類 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
トマトサビダニ 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ピーマン うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
チャノホコリダニ 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
なす うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
コナジラミ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
マメハモグリバエ 1000〜2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
チャノホコリダニ 1000〜4000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
チビクロバネキノコバエ 1000倍 株元散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
にら ネギアザミウマ 1000倍 散布 収穫14日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
にんにく アブラムシ類 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
チューリップサビダニ 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ネギコガ 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ねぎ さび病 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
べと病 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アザミウマ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ネギコガ 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
シロイチモジヨトウ 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
レタス べと病 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナメクジ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナモグリバエ 1000〜2000倍 散布 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
非結球レタス べと病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
アブラムシ類 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナメクジ類 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナモグリバエ 1000〜2000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
きく 白さび病 1000倍 散布 発病初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
アブラムシ類 1000倍 散布 発生初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
アザミウマ類 1000倍 散布 発生初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
ハモグリバエ類 1000倍 散布 発生初期 4回以内 100〜300L/10a 4回以内
ばれいしょ アブラムシ類 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ナストビハムシ 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
チャトゲコナジラミ 1000倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノナガサビダニ 1000〜1500倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノキイロアザミウマ 1000〜1500倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
マダラカサハラハムシ 1000倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノミドリヒメヨコバイ 1000〜1500倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノホソガ 1000〜1500倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
チャノホコリダニ 1000〜1500倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
ツマグロアオカスミカメ 1000倍 散布 摘採14日前まで 1回 200〜400L/10a 1回
作用メカニズム
作用メカニズム
作用機作はエネルギー代謝系の電子伝達系のうち複合体T(ミトコンドリア内膜で最も大きい酸素の集合体)を阻害することによる呼吸阻害と考えられています。殺虫剤として、また殺菌剤としても新規な作用点です。
害虫に対しては主として経皮的に作用します。
病害に対しては予防的に効果を発揮します。

殺虫スペクトラム

混用事例表

ハチハチ乳剤の技術資料(日本農薬株式会社へのリンク)

  • ハチハチの系統は何というのでしょうか?また、どんな作用性をしていますか?
  • 系統はフェノキシベンジルアミド系といいます。作用性としては、害虫や菌のエネルギー代謝系の電子伝達系のうち複合体Tを阻害することによる呼吸阻害と考えられています。(2012年12月回答)
  • どのような害虫に効きめがありますか?
  • 幅広い殺虫スペクトルを有しており様々な害虫の同時防除が可能です。特にアザミウマ類、ナモグリバエ、サビダニ類、キスジノミハムシ等の難防除害虫に優れた効果を発揮します。(2012年12月回答)
  • 害虫に対してどういった作用症状がありますか?
  • コナガなどは落下し作物から離脱しますが、アブラムシは死亡しても作物につかまったままになる場合があります。(2012年12月回答)
  • 使用してから害虫への効果はすぐ現れますか?
  • 散布後速やかに摂食行動を阻害し食害を停止させますが、害虫種によっては死亡するまでに数日かかります。(2013年7月回答)
  • 作用経路について教えてください。
  • 経口としての作用よりも経皮作用を中心として効果を発揮します。(2012年12月回答)
  • 浸透移行性はありますか?
  • 浸透移行性はありませんが、一部の作物では浸達性を示します。レタスでは浸達作用によりナモグリバエなどの幼虫に対し潜入後でも優れた効果を発揮します。(2012年12月回答)
  • 殺卵効果はありますか?
  • コナガなどのチョウ目害虫、コナジラミ、キスジノミハムシやナモグリバエなどに対する殺卵効果が認められています。(2012年12月回答)
  • なぜ病害にも効果があるんでしょうか?
  • ハチハチの作用点はエネルギー代謝系の電子伝達系にあり、これは昆虫にも菌にも共通に存在するため殺菌効果も示します。(2012年12月回答)
  • 病害への効き方は予防・治療どちらになりますか?
  • 予防効果主体で、治療効果はあまり期待できません。病害に対しては予防的に散布することで効果を発揮します。(2012年12月回答)
  • 作物に対する薬害はありますか?
  • 一部作物の幼苗期には薬害を生じる恐れがありますので使用にあたってはラベルの注意事項をご確認ください。(2012年12月回答)
上手な使い方
  1. 各作物の害虫および病気の発生初期に、体系防除の中の一剤として使用すると、一層効果的です。
  2. 浸透性がない薬剤なので、十分な散布液量でかけムラのないように散布してください。
  3. 散布後、コナガ幼虫またはアブラムシが作物体上に停まる場合がありますが、速やかに効果が発現し、被害を防止します。
  4. アザミウマ類に対して、強い殺虫力に加えて食害抑制効果もあります。浸透性のある薬剤と体系で使用すると一層効果的です。
  5. コナジラミ類に対して、各発育ステージに効果を示しますが、特に強い殺卵効果があるので、卵から若齢幼虫主体の時期に使用すると効果的です。
  6. ハモグリバエ類に対して、殺成虫、産卵抑制および殺卵効果があります。浸透性のある薬剤と体系で使用すると高い効果が期待できます。
  7. ホコリダニ、サビダニに対して、成虫および幼虫だけでなく、卵に対しても優れた効果を示します。他の害虫との同時防除剤として使用してください。
  8. 水なすに使用すると薬害を生じる恐れがあるので使用しないでください。
  9. しそ科植物(しそ、サルビア等)にかかると薬害を生じる恐れがあるので注意してください。
  10. お茶に使用する場合には、コテツフロアブルとの混用は避け、近接散布をする場合は少なくとも10日以上あけてください。
鱗翅目害虫
コナガ
コナガに対し、速やかに摂食阻害効果が発現し食害を防止。やがて作物上から脱落(スピンダウン)し、そのまま死に至ります(⇒グラフ参照:平成12年三菱化学(株))。低温時には殺虫効果の発現が遅くなる場合があります。しかし、その場合でも摂食阻害効果が速効的に作用し、食害を防止します。
アブラムシ類
ワタアブラムシ
食害抑制作用により、茎葉にとどまった状態で死に至ります。
浸透性がない薬剤ですので、十分な散布液量でかけムラのないように散布してください。
アザミウマ類
ミナミキイロアザミウマ
食害抑制作用により、高い防除効果を示します。
浸透性がない薬剤ですので、十分な散布液量でかけムラのないように散布してください。
マメハモグリバエ
マメハモグリバエ
殺卵作用により被害を防止しますので、発生初期散布または浸達性薬剤とのローテーションでお使いください。
コナジラミ類
シールバーリーフ
コナジラミ
コナジラミ類の各発育ステージに対して効果を示しますが、特に殺卵効果がありますので、若齢幼虫主体の発生初期または低密度時にお使いいただくと効果的です。
チャノホコリダニ
チャノホコリダニ
強い殺虫力を持っていますが、浸透性がない薬剤ですので、十分な散布液量でかけムラのないように散布してください。
ローテーション体系防除の使用例
コナガ、アオムシ、アブラムシの発生が中心の場合
コナガ、アオムシ、アブラムシ以外にヨトウ類やハイマダラノメイガが発生する場合
使用上の注意事項
使用上の注意
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ調節してください。
  • 本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないように葉の表裏に十分散布してください。
  • ダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないようていねいに散布してください。
  • はくさい、なす、トマト、きゅうり、かぶ、にがうり、レタス・非結球レタスの幼苗期に使用すると薬害を生じる恐れがあるので使用をさけてください。
  • 周辺作物(セルリーの幼苗期、こまつな、チンゲンサイなどの軟弱野菜及びばら)にかかると薬害を生じる恐れがあるので、かからないよう十分注意して散布してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意してください。
    1. ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
    2. 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけてください。
    3. 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
  • マルハナバチに対して影響があるので注意してください。
  • 天敵昆虫に対して影響があるので注意してください。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用上の注意
  • 医薬用外劇物。取扱いには十分注意してください。誤って飲み込んだ場合には吐かせないで、直ちに医師の手当を受けさせてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けてください。
  • 眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 皮膚に対して刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布液調製時及び散布の際は保護眼鏡、防護マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、不浸透性防除衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。
  • 水産動植物(魚類)に強い影響を及ぼす恐れがあるので、河川、湖沼及び海域等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。養殖池周辺での使用はさけてください。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきる。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
販売 OATアグリオ(株)
製造 日本農薬(株)
グリーンジャパンホームへ