農薬情報>殺虫剤>ダニ剤


特長
■有効成分:ビフェナゼート・・・20%
■性状:淡褐色水和性粘稠懸濁液体
■毒性:普通物
■魚毒性:B類相当
  1. 新規の化学構造を有する殺ダニ剤
    マイトコーネフロアブルは、既存の薬剤とは異なる、全く新しい化学構造を有した殺ダニ剤です。
  2. 抵抗性のハダニ類にも優れた効果
    マイトコーネフロアブルは、既存の殺ダニ剤に対して感受性が低下したハダニ類に対しても優れた効果を示します。
  3. 各種のハダニ類に優れた効果
    ナミハダニ・カンザワハダニ(テトラニクス属)やミカンハダニ・リンゴハダニ(パノニクス属)など各種のハダニ類に対して優れた効果を示します。
  4. 有用昆虫、天敵には影響が少ない
    マイトコーネフロアブルは、蚕・ミツバチ・マメコバチなどの有用昆虫や、カブリダニ・ハネカクシなどの天敵に対して実用濃度で影響が少ないことが確認されています。
ナミハダニ
カンザワハダニ
ミカンハダニ
リンゴハダニ
上手な使い方
使用倍数:1000〜1500倍
かけむらのないよう葉の表裏にていねいに十分量散布します。
ハダニの発生初期に散布します。
年1回散布を徹底し、他剤とのローテーションで使用します。
適用害虫と使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ビフェナゼートを含む農薬の総使用回数
きゅうり ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
すいか ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
メロン ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
トマト トマトサビダニ 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
ミニトマト トマトサビダニ 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
ピーマン ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
なす ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
いちご ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
しそ(花穂) ハダニ類 1500倍 散布 収穫3日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
みょうが(花穂) ハダニ類 1000倍 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
みょうが(茎葉) ハダニ類 1000倍 散布 みょうが(花穂)の収穫前日まで 但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 1回 100〜300L/10a 1回
しょくようほおずき ハダニ類 1500倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
さんしょう(葉) ハダニ類 1500倍 散布 収穫14日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
食用ミニバラ ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 100〜300L/10a 1回
しそ科葉菜類(えごま(葉)を除く) ハダニ類 1500倍 散布 収穫3日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
かんきつ ミカンサビダニ 1000〜1500倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
ミカンハダニ 1000〜1500倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
いちじく ハダニ類 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
おうとう ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫14日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
かき ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
なし ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ぶどう ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫21日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
ブドウサビダニ 1000倍 散布 収穫21日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
りんご ナミハダニ 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
リンゴハダニ 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
もも モモサビダニ 1000倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫前日まで 1回 200〜700L/10a 1回
ネクタリン ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫3日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
小粒核果類 ハダニ類 1000〜1500倍 散布 収穫3日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
マンゴー ハダニ類 1000倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
あけび(果実) ハダニ類 1000倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
アテモヤ ハダニ類 1000倍 散布 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
きく ナミハダニ 1000倍 散布 開花前まで 1回 100〜300L/10a 1回
りんどう ハダニ類 1000倍 散布 開花前まで 1回 100〜300L/10a 1回
げっきつ ハダニ類 1000倍 散布 発生初期 1回 100〜300L/10a 1回
かんしょ ハダニ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
さといも ハダニ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
やまのいも ハダニ類 1000倍 散布 収穫3日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
チャノナガサビダニ 1000倍 散布 摘採14日前まで(但し、遮光する栽培では遮光開始14日前まで) 1回 200〜400L/10a 1回
カンザワハダニ 1000倍 散布 摘採14日前まで(但し、遮光する栽培では遮光開始14日前まで) 1回 200〜400L/10a 1回
使用上の注意事項
  1. 使用に際しては容器をよく振ること。
  2. ボルドー液との混用は効果が劣るので避ける。
  3. 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ、調節すること。
  4. 本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないように葉の裏表に十分に散布すること。
  5. ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布ムラのないようにていねいに散布すること。
  6. もものモモサビダニに対して使用する場合、多発生では効果が劣ることがあるので注意すること。
  7. 本剤の連続散布はハダニ類の本剤に対する抵抗性を発達させるおそれがあるので、できるだけ年1回散布とし、他の殺ダニ剤との輪番で使用すること。
  8. 桑葉にかからないように注意すること。
  9. 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所など関係機関の指示を受けることが望ましい。
  10. 茶に使用する場合、遮光する栽培とは茶を被覆する全ての栽培方法を示すので注意すること。