農薬情報>殺虫剤>ダニ剤


特長
■成分:ヘキシチアゾクス 10.0%
■性状:類白色水和性粉末 45µm以下
■人畜毒性:普通物
ラット雄 急性経口 LD50>5000mg/kg
ラット雌 急性経口 LD50>5000mg/kg
■有効年限:4年
■包装:(100gx25袋)x4箱、500gx20袋
■作用機構分類:IRAC 10A[ヘキシチアゾクス]
  1. 日本曹達(株)が発明開発した純国産の強力殺ダニ剤です。
  2. 各種のハダニ類に対し、低濃度で優れた効果があります。
  3. 残効性に優れ、長期間にわたってハダニ類の発生を抑えます。
  4. 他剤に抵抗性となったハダニにも、安定した効果があります。
  5. 石灰硫黄合剤、ボトルー液との混用が可能です。
  6. 各種作物に薬害の心配の少ない薬剤です。
  7. 有益昆虫・天敵類に悪影響がありません。
適用害虫名及び薬量
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ヘキシチアゾクスを含む農薬の総使用回数
かぼちゃ ハダニ類 2000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
きゅうり ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
すいか ハダニ類 2000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
にがうり ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
メロン ハダニ類 2000倍 収穫3日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ピーマン ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
なす ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ししとう ハダニ類 3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
えだまめ ハダニ類 2000〜3000倍 収穫21日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
さやいんげん ハダニ類 2000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
さやえんどう ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
実えんどう ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
未成熟ささげ ハダニ類 3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
未成熟ふじまめ ハダニ類 2000倍 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
いちご ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
しそ(花穂) ハダニ類 3000倍 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
食用ぎく ハダニ類 3000倍 収穫21日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
さんしょう(葉) ハダニ類 2000倍 収穫60日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
しそ ハダニ類 3000倍 収穫14日前まで 1回 100〜300L/10a 1回
かんきつ ミカンハダニ 2000〜4000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
いちじく ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
おうとう ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
かき ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
なし ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
ぶどう ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
りんご ナミハダニ 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
リンゴハダニ 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
もも ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
うめ ハダニ類 3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
びわ ハダニ類 2000〜3000倍 収穫前日まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
花き類・観葉植物 ハダニ類 2000〜3000倍 - 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
あずき ハダニ類 2000〜3000倍 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
だいず ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
かんしょ ハダニ類 2000倍 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
ホッフ° ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
てんさい ハダニ類 2000〜3000倍 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 2回以内

混用事例

  • どの殺虫剤グループに入りますか?
  • 日本曹達が独自に発明した新規の化学構造をもつ殺ダニ剤です。
  • どのような作用性ですか?
  • ハダニ類の卵及び脱皮時に作用し、これらの発育を撹乱して死に至らせます。
     また、優れた残効力が特長です。
  • 使用上の注意点はありますか?
  • ハダニ類は抵抗性を発達させやすいので、連用散布はさけてください。
     年1回の使用とし、作用性の異なる他の薬剤とローテーションで使用してください。
  • 混用時の注意点はありますか?
  • 石灰硫黄合剤、ボルドー液をはじめとして各種薬剤との混用に心配の少ない薬剤です。
  • 薬害の心配はありますか?
  • 各種作物に薬害の心配の少ない薬剤です。
  • ミツバチ、マルハナバチ等に対する影響はありますか?
  • ミツバチおよびマルハナバチに対する影響は通常の使用方法では問題ありません。
  • 天敵に対する影響はありますか?
  • 通常の使用方法では天敵類に対する影響の少ない薬剤です。
使用方法
  1. ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないように、ていねいに散布します。
  2. 本剤の連用散布は、ハダニ類の本剤に対する抵抗性を発達させる恐れがあるので、年1回の使用とし、作用性の異なる他の薬剤と輪番で使用します。(本剤と、カーラ・エンゲージ・ニッソランV・ノンマイトとは、類似した作用性の成分を含む薬剤です。
  3. 本剤は殺成虫力が弱いので、効果の発現までに約10日間を要することがあります。誤ってまき直しなどしないように注意します。

ニッソランの効力発現モデル

効力の発現まで約10日間

卵・幼虫・若虫は肉眼では観察しづらい。 ニッソラン水和剤散布。 卵・幼虫・若虫は散布数日後に死ぬ。殺成虫力がないため成虫は残る。 残った成虫が卵を産む。 卵はふ化せず死ぬ。 残っていた成虫も寿命で死ぬ。 残効力を発揮。
ニッソラン散布後、効果が現れるまでに約10日間を要しますので、まき直しをしないように注意します。
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  • ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので、発生初期に散布むらのないようにていねいに散布してください。
  • 本剤の連用散布は、ハダニ類の本剤に対する抵抗性を発達させるおそれがあるので、年1回の使用とし、作用性の異なる他の薬剤と輪番で使用してください。(本剤と、カーラとは、類似した作用性の成分を含む薬剤です。)
  • 本剤は殺卵力、殺幼虫力は強いですが、成虫に対する効果が乏しく、効果の発現には夏期で3〜7日、春秋期の低温期では7〜 10 日を要することがありますので、十分注意してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にかからないようにしてください。
  • 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種にはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
安全使用・保管上の注意
  • 粉末は眼に対して弱い刺激性があるので、眼に入った場合には直ちに水洗いしてください。
  • 保管
    密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、小児の手の届かない冷涼・乾燥した所に、保管してください。
  • 火災時は、適切な保護具を着用し水・消火剤などで消火に努めてください。
  • 漏出時は、保護具を着用し掃き取り回収してください。
  • 移送取扱いは、ていねいに行ってください。
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。空袋は圃場などに放置せず、適切に処理してください。
製造・販売:日本曹達(株)