病害虫情報/農薬情報>農薬情報関連記事

平成14年度 病害虫発生状況と来年の対策

野 菜 の 害 虫

平成14年11月25日 「新農林技術新聞」
野菜茶業研究所果菜研究部虫害研究室長 河合 章
 今年は3月から9月まで全国的に高温で推移した。北日本では6月以後は逆に低温多雨となったが、西日本では6月以後も高温小雨が続き、3年続けての猛暑となった。この季節の高温小雨は多くの害虫の増殖に好適であり、夏以後、多発生を続けている害虫も多い。
 今年の野菜害虫の発生の特徴も近年と共通で、夏以後のオオダバコガ、ハスモンヨトウ、ハイマダラノメイガの多発があげられる。
 また、海外からの侵入害虫やそれらが媒介するウイルス病の発生も、引き続き大きな問題となっている。
 これらの中心とした害虫に対する防除対策としては、新規薬剤の開発と登録のための試験の推進、生物的あういは物理的防除法の開発のための研究、また、生物農薬の登録に向けた試験が進められている。
 ここでは、問題となっている野菜害虫の防除対策について簡潔に述べてみたい。
  • オオタバコガ・・・レタスの被害が顕著、若齢期に有効剤散布
    今年も夏以後、オオタバコガの発生が目立ち、新潟・山梨・長野・愛知・奈良・佐賀・長崎・熊本と北陸から九州の8県で注意報が出された。本種は平成6〜7年に突発的に大発生し、その後は発生がやや減少していたが、昨年から再び増加傾向である。前回の多発年の夏も高温小雨と今回に似た気象条件であり、多発条件の解明が持たれる。
    奇主範囲が広く、トマト、ピーマン、レタス、キャベツなどの野菜類やキク、カーネーション、バラなどの花卉類に大きな被害が出ており、近年は特にレタスでの被害が顕著である。
    多くの薬剤に対し抵抗性を発達させており、防除は困難である。さらに、幼虫が花や果実に食入するため薬剤がかかりにくく防除効果が上がらない。中・老齢になると薬剤感受性が低くなるため、早期発見に努め、若齢期に有効薬剤を散布する。ハウスでは、サイドにネット被覆を行うなど成虫の飛来防止を図ることも重要である。
    黄色蛍光灯による成虫の飛翔・交尾などの行動阻害の効果も高く、花卉・トマトなどで利用が増加している。
    また、フェロモンの1成分がコナガと共通であり、はじめはコナガの交信撹乱法による防除のために作られた性フェロモン剤(コナガコン)は本種にも有効であり、農薬登録されている。

  • ハスモンヨトウ・・・西日本を中心に多発、若齢幼虫期に薬剤散布を
    今年もここ数年と同様に、夏以後、ハスモンヨトウが西日本を中心に多発し、群馬・三重・京都・兵庫・岡山・香川・高知・福岡・長崎・大分の関東から九州までの10府県で注意報が発令された。
    南方系の害虫で、暖地でも越冬は限られ、主にハウスなどで行われる。年に4〜5世代を経過し、春葉低密度であるが夏から秋に多発する。アブラナ科野菜の他、さといも、なす、だいず、いちごなどでの被害も大きく、奇主範囲は極めて広い。ふ化幼虫ははじめ葉裏に群っているが、成長とともに分散する。老齢幼虫は昼間は株元などに隠れ、夜間暴食する。
    夏が高温小雨の年に発生が多く、今年も夏以降の気象条件が本種の増殖に好適に働いたものと考えられる。
    本種は野菜類とともに大豆での発生が多く、周囲に大豆畑がある圃場では周囲からの飛来が発生源となる。
    また、本種も他のヤガ類と同様に中老齢幼虫になると薬剤感受性が低下するので、若齢幼虫期に薬剤散布を行う必要がある。

  • ハイマダラノメイガ・・・アブラナ科野菜の未展開葉を食害
    近年、ハイマダラノメイガの多発も目立っている。今年も、奈良・兵庫の2県で注意報が発令された。本種はダイコンシンクイムシといわれ、古くから大根の幼植物の心葉部をつづり合わせ、未展開葉を食害する被害が問題となっていた。しかし、近年は大根のみならず、キャベツ、はくさい、小松菜など、各種のアブラナ科野菜の幼植物で未展開葉を食害する被害が問題となっている。
    夏が高温小雨の年に発生が多く、近年の夏の気候は本種の増殖に好適に働いている。発生に注意し、早期に適切な薬剤の散布が必要である。

  • トマトハモグリバエ・・・奇主範囲広く多種の作物に被害続出
    平成11年い沖縄、京都、山口などで初発生したトマトハモグリバエは、急速に分布を広げ、本年も茨城・栃木・埼玉・静岡・滋賀・鳥取の6県で特殊報が発令され、分布は関東以西に金城に広まっている。今後、未発生地でも注意が必要である。
    形態的にはマメハモグリバエに近似しており、肉眼による判別はできない。奇主範囲も広く、トマト、インゲンマメなど多くの作物での加害が認められており、マメハモグリバエでは被害が少ないウリ科のメロン、きゅうりなどでの被害も激しい。被害は主に幼虫が葉の内部を食害し、葉の外観が損なわれるとともに、多発すると葉が萎凋・枯死するため、収量が減収することになる。
    本種は多くの殺虫剤に抵抗性を発達させており、有効な薬剤は少ない。さらに防除を薬剤のみに頼ることは新たな抵抗性発達の可能性などから問題が多い。苗からの持ち込みを防止するとともに、施設の開口部の寒冷紗被覆、奇主の見られる作物残さの処分、周囲の奇主となる雑草の除去などが有効である。

  • アザミウマ類・・・施設野菜の重要害虫、水なすは注意が必要
    ミナミキイロアザミウマ・ミカンキイロアザミウマは施設野菜の重要害虫として安定的な地位を保っている。今年は、大阪府の水なす及び花卉類でミカンキイロアザミウマの発生が多く、注意報及び警報が発令されている。
    本種は他のなすでは果実の被害は多くないが、水なすでは果実の被害が出やすく、特に注意が必要である。
    アザミウマ類が媒介するウイルス病の発生も目立ち、主にミナミキイロが媒介するWSWV(すいか灰白色斑紋ウイルス)に対する注意報が沖縄で、主にミカンキイロが媒介するINSV(インパチェンスネクロティックスポットウイルス)に対する注意報が長野で、特殊報が群馬・千葉・長野・山梨・静岡・大分で、TSWV(トマト黄化えそウイルス)に対する特殊報が香川・長崎で発令されている。
    ネギアザミウマの発生も近年目立ち、今年も北海道・東京・鳥取・香川で注意報が発令されている。従来の被害はネギ類が主体であったが、果樹を含め被害作物が増加しており、今後、注意が必要です。

  • その他
    シロイチモジヨトウに対する注意報が神奈川・静岡・三重・長崎で、ネキリムシ類に対する注意報が新潟・石川で、アブラムシ類に対する注意報が奈良・香川で発令されている。
    さらに他にも野菜類の難防除害虫として、コナジラミ類、ハダニ類、コナガ、コガネムシ類、線虫類などがあげられ、これらの発生にも注意する必要がある。

グリーンジャパンホームへ