農薬情報>殺虫剤>天敵昆虫

特長
■種類名:チリカブリダニ剤
■有効成分:チリカブリダニ・・・2000頭/100ml
■性状:淡褐色粒
■包装:100mlポリエチレン瓶(2,000頭入り)
  • 天敵生物であり、環境に対する影響、各種残留問題、人畜に対する毒性の心配がありません。
  • ハダニ類の発生初期に使用することで、経済的に長期間密度を抑制します。
  • 天敵生物なので、薬剤抵抗性発達の心配がありません。
  • 放飼の処理が簡単で、労力の軽減がはかれます。
  • JAS法に適合し、農薬散布回数にカウントされませんので、有機栽培・減農薬栽培等でも使用可能です。
 チリカブリダニについて
■放飼回数:1週間間隔で3回放飼します。
■大きさ
・成虫の体長・・・雌/約0.45mm、雄/約0.35mm、赤橙色
・卵・・・約0.2mmの楕円形、乳白色
■活動可能温度・湿度:12〜30℃・50%以上、酷暑、厳寒期は避けること。
■最適温度・湿度:20〜25℃・60%以上
■産卵限界温度:10〜12℃
■捕食数:成虫は約30日間生存し、1日当りハダニ成虫を5頭又は、幼虫を20頭又は、20卵を捕食。
■捕食範囲:植物体上で糸を出すハダニ類
■総産卵数:雌1頭当り約60卵
チリカブリダニ ハダニを捕食中のチリカブリダニ
登 録 内 容
作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 総使用回数*
野菜類(施設栽培)、
豆類(種実)(施設栽培)
いも類(施設栽培)
果樹類(施設栽培)
ハダニ類 100〜300ml/10a(チリカブリダニ約2000〜6000頭) 発生初期 - 放飼 -
花き類・観葉植物(施設栽培) 100ml/10a(チリカブリダニ約2000頭)
* 収穫物への残留回避のため本剤およびその有効成分を含む農薬の総使用回数の制限。
上手な使い方(いちごの場合)
放飼方法
処理方法
圃場全面に処理 ツボへのスポット処理
秋〜冬のハダニが見えない時期には圃場全面に均一に処理しておく。 ハダニのツボが見える場合は、ツボへのスポット処理を繰り返す。
年間スケジュール(いちご)
秋から冬にかけて放飼しておいたチリカブリダニが、収穫終了までハダニを低密度に抑え続けてくれます。(※秋から冬は、見えていなくても、ハダニは数百、数千の単位で圃場に生息しているため、早くまきます。
使用上の注意
  • 本剤はハダニ類を捕食する天敵チリカブリダニを含有する製剤である。
  • チリカブリダニの生存日数は短いので、入手後直ちに使用し、使いきる。
  • 容器内でチリカブリダニが偏在していることがあるので、使用の際は容器を横にしてゆっくり回転させ均一に混在させたのち、所定量を葉の上に容器から少量に分けて放飼する。なお、ぶどうでは、本剤を紙片に適当量のせ、亜主枝の分岐点など棚面に設置して放飼すること。
  • ハダニ類の生息密度が高くなってからの放飼は十分な効果が得られないことがあるので、ハダニ類がまだ低密度で、散見され始めたときに最初の放飼をする。
  • 天敵としてチリカブリダニが有効な密度(チリカブリダニ1頭に対してハダニ類が60頭以下)を保つため、ハダニ類の発生初期より1〜2週間間隔で圃場全面に放飼することが望ましい。
  • チリカブリダニの活動に影響を及ぼすおそれがあるので、本剤の放飼前後の薬剤散布は避ける。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないよう注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
  • 放飼はできるだけ均一に行うことを原則とするが、ハダニ類の発生にむらがある場合には、発生の多いところに重点的に放飼すること。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、農業改良普及センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。