農薬情報>殺菌剤


特長
種類名 ペンチオピラド・TPN水和剤
有効成分 ペンチオピラド・・・6.4%
クロロタロニル(PRTR法第1種)・・・40.0%
性状 類白色水和性粘稠懸濁液体
毒性 普通物
安全性 製品安全データシート三井化学アグロ(株)へのリンク)
有効年限 4年
包装 500ml×20
作用機構分類 FRAC 7(C2)[ペンチオピラド]
FRAC M05(M)[TPN]
  • 広い病害スペクトラムで新たな防除価値を提供。灰色かび病、うどんこ病に高い効果。
  • SDHI剤に対する感受性低下が懸念される病害にも有効。
  • 果実汚れが少ない。

ベジセイバーの製品ページへ
(製造・販売元 三井化学アグロ(株)へのリンク)

適用病害名及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ペンチオピラドを含む農薬の総使用回数 TPNを含む農薬の総使用回数 適用更新日
たまねぎ 灰色かび病 1000倍 散布 収穫7日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 6回以内 2015年04月08日
灰色腐敗病 1000倍 散布 収穫7日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 6回以内 2016年02月17日
べと病 1000倍 散布 収穫7日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 6回以内 2015年04月08日
小菌核病 1000倍 散布 収穫7日前まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 6回以内 2019年08月07日
ねぎ 黒斑病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2019年02月13日
さび病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
白絹病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2016年07月20日
葉枯病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2019年02月13日
べと病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
小菌核腐敗病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 4回以内(但し、株元灌注は2回以内、散布は2回以内) 4回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は3回以内) 2019年02月13日
きゅうり うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
褐斑病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
黒星病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
炭疽病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
べと病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 10回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及び常温煙霧及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内) 2019年12月18日
かぼちゃ うどんこ病 1000倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2019年02月13日
うどんこ病 16倍 無人航空機による散布 収穫7日前まで 3回以内 1.6L/10a 3回以内 3回以内 ★★
つる枯病 1000倍 散布 収穫7日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2019年02月13日
つる枯病 16倍 無人航空機による散布 収穫7日前まで 3回以内 1.6L/10a 3回以内 3回以内 ★★
すいか うどんこ病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2016年07月20日
菌核病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2019年02月13日
炭疽病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2017年05月31日
つる枯病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2017年05月31日
メロン うどんこ病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2015年04月08日
つる枯病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2016年02月17日
べと病 1000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内 2016年02月17日
トマト うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内) 2015年04月08日
疫病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内) 2015年04月08日
すすかび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内) 2016年02月17日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内) 2015年04月08日
葉かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4回以内) 2015年04月08日
ミニトマト うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年07月20日
疫病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年07月20日
すすかび病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年07月20日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年07月20日
葉かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年07月20日
斑点病 1000倍 散布 収穫前日まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2017年05月31日
なす うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 2015年04月08日
褐色斑点病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 ★★
褐色円星病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 ★★
菌核病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 2015年04月08日
黒枯病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 2016年07月20日
すすかび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 2015年04月08日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 4回以内 2015年04月08日
ピーマン うどんこ病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2015年04月08日
黒枯病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2016年02月17日
炭疽病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2015年04月08日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2016年02月17日
斑点病 1000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内 2019年08月07日
ブロッコリー 菌核病 1000倍 散布 出蕾前(但し、収穫21日前まで) 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は2回以内) 2018年03月14日
べと病 1000倍 散布 出蕾前(但し、収穫21日前まで) 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、土壌灌注は1回以内、散布は2回以内) 2019年08月07日
キャベツ 株腐病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布及びエアゾル剤の噴射は合計2回以内) 2016年02月17日
菌核病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布及びエアゾル剤の噴射は合計2回以内) 2016年02月17日
べと病 1000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布及びエアゾル剤の噴射は合計2回以内) 2015年04月08日
はくさい 菌核病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内) 2019年08月07日
黒斑病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内) 2016年07月20日
白さび病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内) 2016年11月02日
白斑病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内) 2016年11月02日
べと病 1000倍 散布 収穫7日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 3回以内(但し、は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布は2回以内) 2017年05月31日
レタス 菌核病 1000倍 散布 収穫14日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
すそ枯病 1000倍 散布 収穫14日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫14日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
べと病 1000倍 散布 収穫14日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 5回以内(但し、土壌灌注は2回以内、散布は3回以内) 2016年02月17日
リーフレタス 菌核病 1000倍 散布 収穫21日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年02月17日
すそ枯病 1000倍 散布 収穫21日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年02月17日
灰色かび病 1000倍 散布 収穫21日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年02月17日
べと病 1000倍 散布 収穫21日前まで 2回以内 100〜300L/10a 3回以内 2回以内 2016年02月17日
アスパラガス 褐斑病 1000倍 散布 収穫前日まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 4回以内 2019年02月13日
茎枯病 1000倍 散布 収穫前日まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 4回以内 2016年11月02日
斑点病 1000倍 散布 収穫前日まで 4回以内 100〜300L/10a 4回以内 4回以内 2017年05月31日
きく 白さび病 1000倍 散布 発病前〜発病初期 3回以内 100〜300L/10a 3回以内 6回以内 2019年08月07日

ベジセイバーの製品ちらし (三井化学アグロ(株)へのリンク)
ベジセイバーの技術資料 (三井化学アグロ(株)へのリンク)

使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  1. 使用前によく振ってから使用すること。
  2. 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。
  3. 本剤を無人航空機による散布に使用する場合は、次の注意を守ること。
    1. 散布は各散布機種の散布基準に従って実施すること。
    2. 少量散布の際には、微量散布装置以外の散布器具は使用しないこと。
    3. 無人航空機による散布にあっては、散布機種に適合した散布装置を使用すること。
    4. 散布中、薬液が漏れないように機体の散布用配管その他散布装置の十分な点検を行うこと。
    5. 散布薬液の飛散によって動植物及び自動車やカラートタンの塗装等へ影響を与えないよう散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意すること。
  4. ストレプトマイシン剤およびホセチル剤と混用する場合、必ず本剤を先に所定の濃度に希釈してからそれぞれの剤を加えること。
  5. 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、本剤の過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用すること。
  6. 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。
  7. 空容器は圃場などに放置せず、適切に処理すること。
  8. 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
安全使用・保管上の注意
  1. 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすおそれがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。
  2. 無人航空機による散布で使用する場合は、飛散しないよう特に注意すること。
  3. 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ること。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。
  4. 直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温な場所に密栓して保管すること。
製造・販売: 三井化学アグロ(株)