新たな食料・農業・農村基本計画 表で見る)・・・2015年3月
平成25年度 食糧・農業・農村白書
平成27年度農林水産予算概算決定( ポイント)( 重点事項)( 主要事項
食料・農業・農村白書 「平成23年度」・・・農林水産省
農林水産省における「東日本大震災に関する情報」
福島第一原子力発電所事故による納畜産等への影響--関係府省等のサイトへのポータル
平成23年度農林水産関係補正予算の概要-大震災復旧・支援予算
平成23年度予算概算決定の概要-生産局
平成23年度農林水産予算概要決定の概要・骨子
日本の食料自給率・・・2011/8/11 農林水産省
22年度補助事業・・・
消費安全局生産局
農地法等の一部を改正する法律・・・農水省経営局構造改善課
21年度農林水産予算の重点事項
21年度農林水産補正予算
21年度補助事業・・・
総合食料局消費安全局生産局経営局
食料・農業・農村白書 「平成20年度」平成21年度」「平成22年度」・・・農林水産省
住宅地等における農薬使用について(PDF:140KB)・・・2013/4/26 農水省・環境省
住宅地近隣の農薬散布(農薬飛散による被害の発生を防ぐために)・・・環境省
追加経済対策、農水関係1400億円・・・2008/10/31 日本農業新聞
21年度農水予算概算要求
食べ物が足りなくなったら?・・・農林水産省総合食料局食料企画課
特別栽培農産物に係る表示ガイドラインの改正(平成19年4月改正)
農業再編へ、「再生機構」・・・2006/05/16 日経
マルハナバチ利用方法・・・平成17年度農業生産の技術指導について
GAP(Good Agricultural Practice)、農業行動規範
ポジティブリスト制度
IPMに指針、病害虫管理にモデル・・・2005/6/8 日本農業新聞
種苗にも農薬履歴
マイナー作物対策
IPM防除を一層推進
第156回国会(平成15年1月〜)における農薬取締法の改正
株式会社、全国で農業参入・・・2003/5/11 日経
「農薬取締法改正」の内容及び作物分類について・・・2003/03/08
「農薬取締法改正」のポイントと対応・・・2003/01/31
平成14年12月11日、農薬取締法改正公布・・・3ヶ月以内に施行
改正JAS法に基づく有機食品の検査認証制度
JAS法改正のポイント
有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(平成15年4月改正)
検査認証制度の仕組み
有機農産物適合薬剤(「有機農産物」表示のできる農薬一覧表)
コメ王国新潟、構造改革に挑む・・・減反選択制を提起・・・2002/07/22日経
「食品安全を守る【特集】」
1.食の安全独立委1000人・・・2002/4/20 日経
2.食品衛生法を全面改正・・・2002/5/15 日本農業新聞
3.食の安全試される独立委・・・2002/5/31 日経
4.食の安全 独立委員会新設へ・・・2002/6/7 日経
5.食品虚偽表示早期に公表・・・2002/6/7 日経
6.食の安全へ独立委・・・2002/6/11 日経
7.環境省が農薬の登録基準見直し・・・2002/6/12 読売新聞
8.農薬200種に残留基準・・・2002/7/2 読売新聞
9.基準超す残留農薬 特定農産物禁輸も・・・2002/7/12 日経
10.食品衛生法改正案参院へ・・・2002/7/20 日経
11.製造年月日復活を・・・2002/7/30 日経
12.食品期限表示用語統一を・・・2002/7/30 日経
13.遺伝子使い調査−厚労省、DNAチップ開発へ・・・2002/8/26 日経
14.無登録農薬使用に罰則検討−農水省、30都県で販売確認・・・2002/8/28 日経
15.農薬取締法改正について(案)・・・2002/10
16.食品安全基本法可決・・・2003/5/16 日経
17.動き出す食品安全委−消費者の監視欠かせず・・・2003/6/13 日経
18.食品安全委、今日発足・・・2003/7/1 日経
※参考ページ:『「食」と「農」の再生プラン』の具体化
平成14年度園芸関係政府予算案
・・・「農業生産総合対策事業における野菜の生産・流通対策
食料の安定供給と美しい国づくりに向けた重点プラン
持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律
食品廃棄物などのリサイクルの推進
  ・・・循環型アグリ・フードシステム確立プロジェクト
食料・農業・農村 基本法
食料・農業・農村 基本法制定の背景
食料・農業・農村基本法の骨子
基本法が目指すもの
平成12年度植物防疫事業の実施状況と平成13年度事業